2017年も残す所2ヶ月となりました。
毎年11月に紅白歌合戦の司会者と出演者が発表されるのですが、
2017年9月20日に電撃引退を表明した安室奈美恵に紅白出場の声が
殺到しています。

しかも、最後の大トリで歌ってほしいとNHKが必死に本人を口説いている
ことが予想されます。安室奈美恵の引退を悲しむファンの声はとても大きいです。

スポンサードリンク


 

SMAP解散と匹敵・・・、とはちょっと言い過ぎかもしれませんが、
かつてない程のインパクトがあることは間違いないでしょう。

安室奈美恵本人は、2018年9月16日、自身の40歳の誕生日に引退すると表明
しています。つまり、安室奈美恵のライブは生歌が聞けるのは残す所1年わずか
ということになる。

そのため、紅白歌合戦2017は、紅白に出場出来る最後の機会となるでしょう。
過去の紅白でも安室奈美恵は出場した機会があり、最後の大トリで歌った経験
もあります。2017年の紅白で大トリに間違いなくふさわしい人物ですし、
誰もが納得するハズです。

ここで疑問に思う人も多いかと思います。
紅白は毎回視聴率も高く、一年を締めくくる音楽イベントだから出演依頼が
来れば断る人なんていないでしょ!?

確かに、最近知れわたって来たニューフェイスだったら喜んで出演するでしょう。
しかし、誰もが知っていて有名になりすぎた人物は簡単には出演してくれません。

それはなぜかと言うと、こだわりがあるからです。
「こういう演出をしてくれないと嫌だ」とか「この人が出るなら私は出ない」
と言ったことです。

ちなみに紅白の大トリはとても重要な役割で、中には「自分が最後じゃなっきゃ嫌だ」
なんて人も結構いたりします。こういった人たちの要望を全て聞いて調整するのは
正直不可能です。

ちなみに2016年は、SMAPの解散が決定して紅白にSMAPが出演してくれる声も
あり、北島三郎も「最後を飾る意味では紅白が素晴らしい」という後押しが
あっても結局は叶いませんでした。

こういった裏事情もあるから、一番は本人の意向ですが安室奈美恵も必ず
出演するということはありません。だから、NHKは必死こいて安室奈美恵に
出演要請をしているのです。

紅白の視聴率が高いといっても年々下がり続けているのが現状です。
他局の勢いもあるかと思いますが、2017年の紅白に安室奈美恵が出演すること
になれば、話題性もあり視聴率も上がることでしょう。

なによりも安室奈美恵のファンが一番喜ぶことは間違いありません。

スポンサードリンク